酒のあて、きちんと選んでいますか?~焼酎(甲類・乙類)編~

皿に盛られたマカロニサラダ焼酎には飲み方がたくさんあります。酎ハイやサワーで楽しむ方は、若い方でも結構いるのでは。お湯割りでいただくのもいいですね。

ここでは、焼酎とそれに合う「酒のあて」について、考えます。

焼酎をどんな酒のあてと楽しむのが正解、という決まりはありませんが、お酒と料理のベストカップルを見つけるためのヒントになればうれしいです。

甲類・乙類って?

甲類・乙類という分類名を聞いたことがある人は結構いるかもしれませんね。では、具体的な違いを見てみましょう。

【甲類】
連続式蒸留機で蒸留する。まっすぐな味わい。
アルコール度数: 36%未満。
飲み方: ロック、お湯割り、酎ハイ、サワーなど。

【乙類】
単式蒸留機で蒸留する。原料の風味が生かされる味わい。
アルコール度数: 45%以下。
飲み方: ロック、お湯割りなど。

ちなみに、甲類は糖質・脂質がゼロです! これは見逃せないポイントですね。

焼酎版「酒のあて」

以下、焼酎にあう「酒のあて」をご紹介します。焼酎の味わいや飲み方はさまざまですので、好きな風味の銘柄を選ぶようにしてくださいね。

・明太子の燻製
酒のあてとして、焼酎には“ごはんのお供になるくらい「しっかり味付けられたもの」”が合うとトップページに書きました。好例に、明太子の燻製があります。ごはんと合わせてみたくもなりますが、焼酎のよいおつまみになりますよ。甲類のお湯割りでゆっくり味わうのはどうでしょうか。

・マカロニサラダ
お家で酒のあてを作るのであれば、マカロニサラダにチャレンジしてみませんか? マヨネーズを絡めたこのおかずには、柑橘系酎ハイを合わせてまったり×さっぱりの組み合わせを楽しみましょう。