酒のあて、きちんと選んでいますか?~酒の種類を知ろう~

テーブルに載っているグラスに入ったモヒート

みなさんが日常的に飲む酒には、どんなものがあるでしょうか。飲酒に関しては、種類や飲む量に個人差があると思います。ですが、酒を飲まれる方全体の中で、ビールや日本酒、ワインをよく飲む、という方は多いのではないかと思います。

では、これらの酒のあてとして、みなさんは何を食べているでしょうか。これまた、みなさんそれぞれにお気に入りの「酒のあて」があると思うのですが、「ビールならから揚げ」、「ワインならナッツやチーズ」など、それぞれの酒に合うおつまみを、私たちはなんとなく知っていますよね。

上で挙げた酒(ビール、日本酒、ワイン)は、「醸造酒」というカテゴリーに入ります。ですが、他にも酒の種類とカテゴリーがあります。酒に詳しい方ならすでにご存知かもしれませんが、例えばウィスキーや焼酎、ブランデーなどは、ビールとは異なり、「蒸留酒」と呼ばれています。

では、蒸留酒に合う「酒のあて」はイメージできますか? よほどその道に詳しい、あるいは好んで飲むという方を除けば、イメージしづらいのではないでしょうか。

このページでは、「まだ醸造酒以外の酒のあてについて詳しくない」という方に向けて、醸造酒以外の酒とそのおつまみになるものを紹介してみたいと思います。

まずは、さっそく酒の種類やカテゴリーについて見ていきましょう。

酒はどのように区分されるか瓶とグラスそれぞれに入ったウィスキー

酒はそれぞれの製法から、下記3つのカテゴリーに分類することができます。

1. 醸造酒
米やぶどうなどを発酵させて造る酒のこと。
2. 蒸留酒
原料を発酵させ、その後に蒸留して造る酒のこと。
3. 混成酒
上記(1、2)の酒に香料や糖を加えて造る酒のこと。

醸造酒は先に書いた通り、日本酒やビール、ワインを含みます。蒸留酒なら、焼酎やブランデー、ウィスキーが該当します(ほかに、ラムやジンなども含まれます)。

また、この呼び名自体はあまり聞くことがないかもしれませんが、「混成酒」というものがあります。梅酒やリキュール類など、若い方が好む傾向にあるこのタイプの酒はこの混成酒に当たります。

「なんとなく」で選ぶのは卒業!

焼酎については、酒のあての一例として、サバの味噌煮のような、ごはんのお供になるくらい「しっかり味付けられたもの」が合います。この場合は、スッキリした麦焼酎を合わせるとバランスがよいでしょう。

こういった味の濃い料理は、ビールにも合いそうですよね。ひとつの料理が複数の酒のあてになることは、よくあります。ただ、「ビールに合う料理は、他の酒で合わせても美味しく食べられるのではないか・・・?」と考えて失敗したことはありませんか? 普段飲んでいる酒とそのおつまみを基準として別の酒のあてを選ぶのは、少しリスクがあります。

リキュールを使用するカクテルについては、私の場合、当初どんな料理を合わせるのがベストかわかりませんでした。というよりそもそも、カクテルの種類でさえほとんど把握できていませんでした。カクテルを出してくれるようなオシャレなカフェやバーでは、カクテルに適当なパスタを合わせておけばよいくらいの気持ちでいました。

けれども、「飲もうとしている酒がそもそもどんなものであるのか」「何が酒のあてとして合いそうなのか」がわかっていると、もっと酒が楽しくなると思ったのです。

他のページでは、そうした酒の知識を深め、かつ、酒のあて選びのヒントを得られるような内容を記載していますので、ぜひ読み進めてみてください。

酒の世界は広いです。今さら人に聞けない・・・とあなたが思うことは、きっと他の人にとってもそうです。知識を共有して、みんなで酒を楽しみましょう!